これならできる!会計ソフトの基本的な使い方

取引先の会社名を登録しておく

会計ソフトを使用する際に覚えておきたい基本の1つに取引先の登録があります。取引先名とは物を仕入したり、販売したりする際の相手のことです。登録しておけば会計ソフトに詳しい取引を入力できるようになります。
また、1つ1つの会社との取引内容を把握できるようになるメリットもあります。ですから、まずは取引先の会社を登録してから必要なデータを入力すべきです。
一度登録してしまえば、後は取引を入力するページで該当する会社を選択するだけです。新しく取引する会社が発生したり、会社名が変更したりなどがあった場合でも会計ソフトにて情報を変更するだけで済みます。また、変更できるのは会社名だけではありません。取引の内容も後で変更できるため、ミスがあったとしても気付いた段階で修正できます。

入力する際の基本を理解する

従業員に給与を支払った時や仕事に使用する車両を購入した時などは、取引が発生した場合は会計ソフトへ入力します。ただ、会計の知識や会計ソフトの知識がなければ、どのように入力するのが正しいのかわからない場合があります。 ですから、まずは取引を正しく入力するための基本を理解することが大事です。仕事をする中で覚えられることではありますが、独学でも十分に身に付けることは可能です。たとえば、会計の知識を学ぶなら書籍を使用すれば基本はすぐにでも覚えられます。 会計の知識があればソフトへの入力は可能になりますし、内容を理解しているのでミスを発見した場合は正しい内容に修正できます。ただ、会計ソフト上でも入力方法に関する解説があるので、チェックして内容をしっかりと理解していれば難しいことはないです。

勤怠管理システムとは、社員の出勤・退勤の時間を記録し管理するシステムのことで、欠勤や休暇の管理、就業時間による給与の計算などを行うことができます。

© Copyright Introduction Account Software. All Rights Reserved.