会計ソフト導入、その前にチェック!その機能、本当に必要ですか?

会計ソフトの種類について

会計ソフトは、会社にて会計情報を記録し処理する機能があるアプリケーションソフトウェアのことです。売掛金台帳や買掛金台帳、資産表、賃金台帳などの機能があり、これらの機能はどの会計ソフトを選んでも必ず付いています。なぜなら、これらの機能は多くの会社が必要とする機能であるからです。会計ソフトを選ぶ時には「ERP型」という選択肢があります。これは、自社の業務フロー似合わせてカスタマイズが出来るタイプの会計ソフトです。ERPの導入に合わせて自社の業務フローを見直すことで、業務の質を改善することも出来ます。ただし、ERP型を導入するとコストが高くなってしまいますので、本当に必要であるのかよく考える必要があります。

クラウド型会計ソフトについて

最近は、クラウド型会計ソフトが登場し、従来の会計ソフトよりもクラウド型の方が標準的になり始めています。クラウド型はプログラム本体がクラウドに置かれているため、アプリケーションを買うわけではなく、クラウド上のアプリケーションをレンタルする形となります。支払い形態としては月額使用料を毎月払うことになりますが、その金額は月々約2千円前後で、ソフトウェアにバージョンアップがあったとしても追加料金が発生しません。クラウド型はインターネット環境があればどこでも利用できる利便性があります、金融機関のデータの取り込みや自走仕分けによる経理業務の効率化が出来ます。多くのクラウドが高い系ソフトは、無料でお試し版がダウンロードできますので、試してみることをおすすめします。

会計システムは会社経営の強い味方です。売上、売掛、買掛、請求、支払い…あらゆるお金の動きをシステム上でまとめて、会計管理がしやすくなります。

© Copyright Introduction Account Software. All Rights Reserved.