賢い会計ソフトの選び方

中小企業に最適な会計ソフトとは

一括りにして会計ソフトと言いましても、個人事業程度の事業者にふさわしいもの、あるいは一流法人にフィットするものなどが様々に存在します。 社員数が数千人相当なると市販されているパッケージソフトでは満たせず、ERPシステム導入が必要になります。しかしながら、こういった一流法人に関しては、法人の中にあっても一握りになります。 実際のところは中小企業のほうが断然多いことになります。 中小企業につきましては自分の会社に特化した会計システムを活用するといった選択肢は経済的に難しいことが現実の姿です。 こういった小さな規模の事業者に最適なのが、パッケージスタイルの会計ソフト、あるいはクラウドスタイルの会計ソフトになります。

パッケージ型とクラウド方式について

パッケージスタイルでしたら個人事業主に向けた青色申告ソフトならおおよそ1万円ほどで済みます。また、資本金1億円以内で社員が数十人クラスなら一般的な会計ソフトで充分です。 視覚的にイメージを描きやすいインターフェイス及びインプットしやすい機能が実装されています。それから、パッケージスタイルも当然優秀ですが、 小さい規模の事業者が新たな形で導入するならクラウドスタイルの会計ソフトがお奨めできます。クラウドスタイルは買い切りということではなく、月額料金を一カ月ごとに払う形になりますが、法人であっても月ごとに2千円位の料金で済みます。そして、バージョンアップの加算料金等も不要です。クラウドスタイルはインターネットの環境があるのであれば至る所で活用することができる利便性の素晴らしさがあります。

給与計算ソフトを使用することで、煩雑な給与関連作業をミスなく素早く簡単にできるようになります。法改正等にも迅速に対応することができ、月々の負担を軽減することができます。

© Copyright Introduction Account Software. All Rights Reserved.