会計ソフトを導入するメリット

こんなにある!会計ソフトを導入するメリット

会計ソフトを導入するメリットとしては、なんと言っても、手書きで帳簿を作成するのに比べて、作業を格段に効率化できることが挙げられます。仕訳をパソコンに入力すれば、すぐさま試算表や総勘定元帳、損益計算書、貸借対照表の作成が出来てしまいます。これによって毎日の経理作業が軽減されるのはもちろん、決算期にも大きな威力を発揮し、大幅な時間や労力、人件費の削減につながります。また、別のメリットとしては、正確さが向上することがあります。手書きの場合、単純な帳簿の記入ミスで金額が合わないといった問題が生じますが、会計ソフトを使用した場合には、ミスがあればメッセージなどで知らせてくれますので、ミスを減らし、正確な帳簿を作成するのに役立ちます。

会計ソフト選びのポイントは?

会計ソフトには、個人事業主向けの青色申告ソフトと、法人向けソフトがあります。個人事業主と法人では課せられる税金が異なりますので、株式会社の場合は、必ず法人向けソフトを選ばなければなりません。また顧問税理士の会計事務所が対応しているソフトかどうか事前に確認しておくのも重要です。さらに、自社の業務や環境に適合したソフトかどうかも重要なポイントになります。業務で使用している勘定項目が含まれているか、含まれていない場合は登録が可能か、また使用しているパソコンに適合しているかどうかも、特に旧型のパソコンを使用している場合には前もって良く調べておく必要があります。さらに、複数のパソコンでソフトを使用したい場合には、ネットワーク機能があるかどうか、またその作業しやすさについても確認しておきましょう。

マイナンバーシステムとは、国民一人ひとりに番号を発行し、金融取引の管理や行政手続きを簡略化させる制度のことです。

© Copyright Introduction Account Software. All Rights Reserved.